住みながら不動産売却をする方法とは?注意点やポイントも解説

2022-05-24

住みながら不動産売却をする方法とは?注意点やポイントも解説

この記事のハイライト
●住みながらの不動産売却では、家の魅力を買主に直接伝えることができる
●住みながら不動産売却をする際の注意点は、購入と売却は同時並行で進めていくこと
●内見は休日におこなわれることが多いため、土日の予定は空けておくようにする

不動産の売却には、次の住まいへ引っ越してから売却するパターンと、住みながら売却をするパターンがあります。
現在の住宅ローンを支払いながら新居を購入するのはハードルが高いため、多くの方が住みながらの売却を選択します。
では、住みながら不動産売却をするにはどのようにすれば良いのでしょうか。
注意点や成功させるためのポイントも交えながらご紹介していきます。
東京や神奈川、埼玉、千葉の一都三県にて不動産売却をご検討中の方は、ぜひ最後までお読みください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を住みながらおこなう方法とは

不動産売却を住みながらおこなう方法とは

多くの方が選択する住みながらの売却について、ここではメリット・デメリットを踏まえながら売却する方法を解説していきます。

住みながら売却する方法のメリット

生活イメージが伝わりやすい
引っ越し後の空室状態でおこなう売却との大きな違いは、家具が配置されている状態で内見ができるということです。
何も配置されていない室内は広さは感じやすいものの、実際に家具や家電を配置した際のイメージはつかみにくいものです。
そこで家具が配置されていることで、購入後の生活イメージがつかみやすくなり、購入検討者の購入意欲を向上させることができます。
不動産情報サイトなどに載せる物件写真にも、家具や家電が配置された状態の写真を載せることができますので、より魅力的に感じてもらえるでしょう。
また、住みながらの売却でおこなう内見には売主の立ち会いが望ましいとされており、直接購入検討者に物件の魅力や売主ならではの情報を伝えることができます。
生活しているからこそのポイントを説明できる貴重な機会ですので、購入の決め手となりえる内見は、住みながらの売却において非常に重要です。
売却資金を購入資金に充てられる
売却資金を購入資金に充てられるのも非常に大きなメリットです。
家の購入には、ある程度の自己資金も必要です。
売却が完了してから引っ越すことで、既存の住宅ローンの返済や新居の購入資金として使用することができますので、手出しを少なく引っ越しをすることができます。
売却前に新居を購入するケースでは、旧居の売却価格が想定よりも低くなりその後の資金計画が崩れてしまう場合もあるため、先に売却を済ませておくと安心です。

住みながら売却するデメリット

内見の日程調整が必要
住みながらの売却では、内見の日程を売主・購入検討者ともに合わせる必要があるため、タイミングによっては内見がおこなえず、売却機会を逃してしまうこともあります。
また、日程次第では1日に何件も内見の立ち会いをしないといけなくなるため、体力的にも大変に感じる点があるかもしれません。
内見の度に片付けや清掃が必要
売却活動中は、いつ内見の予定が入るか分からないため、急な内見にも対応できるように片付けや清掃を普段から徹底しておかなければなりません。
忙しくてなかなか清掃の時間が取れない方にとっては、負担に感じることもあるでしょう。

この記事も読まれています|「リースバック」なら不動産を売却しても住み続けられる!その仕組みとは?

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却する注意点とは

住みながら不動産を売却する注意点とは

ここでは、住みながら不動産売却をする上で意識しておきたい注意点についてご紹介します。
注意点を事前に把握しておくことで、慌てずに対応することができるでしょう。

売却との購入のタイミングを合わせる

まず最初の注意点として、売却と購入のタイミングは合わせるようにしましょう。
売却と購入の引き渡しのタイミングがずれてしまうと、ダブルローンや仮住まいの用意、2回の引っ越し費用が必要になり、資金面での負担が大きくなります。
これらを防ぐために、売却と購入は同じ不動産会社に依頼してスケジュールを確認しながら、売却と購入の手続きを同時並行で進めていきましょう。
引き渡しの時期が買主の希望と合わないことで、売却の話が進まないこともあります。
新居探しはもちろん、売却時に必要な書類の準備や物件の清掃などは計画的におこないましょう。

急な内見にも対応できるように準備しておく

前述したように、急に内見をお願いされることは珍しくありません。
いつ内見がおこなわれても大丈夫なように、休日は空けておいたり、清掃をしておくなどの準備が必要です。

不動産会社との連絡はこまめに取る

売却を依頼している不動産会社との連絡はこまめに取るようにしましょう。
内見の日程調整や取引条件の相談など、不動産会社との連携は非常に重要です。
連絡が遅れてしまうことで、日程調整が間に合わず内見の機会を逃してしまうということも考えられますので、ご注意ください。

この記事も読まれています|「リースバック」なら不動産を売却しても住み続けられる!その仕組みとは?

\お気軽にご相談ください!/

住みながらの不動産売却が成功するポイントとは

住みながらの不動産売却が成功するポイントとは

ここでは、住みながらの不動産売却を成功させるポイントをご紹介します。
ポイントを押さえて、売却し始めの段階から他と差をつけられるようにしていきましょう。

土日はなるべく空けておく

内見に来る方が一番多いのが土日です。
土日はお休みでお出かけしたい気持ちもありますが、売却期間中の土日は内見がいつ入っても良いように空けておくようにしましょう。
内見は購入意欲を左右するとても貴重な機会のため、なるべく多くの内見に対応し、早期売却の可能性を高めましょう。

物件はきれいな状態で保つ

住みながら売却をしていると、どうしても生活のために家のなかが汚れてしまったり散らかってしまったりします。
室内や外観はきれいな状態のほうが、売却に対する積極性もアピールでき、購入検討者からの印象も良くなります。

物件の魅力や懸念点を事前に整理しておく

内見の際には、購入検討者から直接売主に質問したいというケースがよくあります。
生活をしていて快適に感じる部分や気になる部分は、売主から正直に伝えることで説得力が増しますので、伝えたい内容は事前に整理しておきましょう。
ただし必要以上の説明をしすぎると購入への圧力を感じてしまう方もいるため、内見中はずっとついて回るのではなく、別室で待機するなどして購入検討者から質問があったときは笑顔で対応するようにしましょう。

買取も検討する

住みながらの売却の場合、引っ越し先の物件も同時並行で進める必要があります。
仮に条件の良い新居が見つかったとしても旧居が売れなければ、金銭的な負担を考えると引っ越すことも容易ではないでしょう。
そんなときにおすすめなのが、不動産会社が直接物件を買い取る「買取」の利用です。
不動産会社は、買い取った不動産にリノベーションなどで手を加えて再販することを目的としているため、買取価格が市場価格の7割程度となってしまいますが、早急に手放すことができるため、新居への引っ越しもスムーズにおこなえます。

この記事も読まれています|「リースバック」なら不動産を売却しても住み続けられる!その仕組みとは?

まとめ

不動産は住みながらでも売却することができます。
物件の魅力を伝えやすいなどのメリットがある一方、内見への対応や購入とのタイミング調整など、負担に感じることもあるかもしれません。
しかし、売却金を新居の購入費用に充てることができ、資金面では大きなメリットがありますので、コストを抑えた売却を希望する方にはおすすめの売却方法です。
東京、神奈川、埼玉、千葉での住みながらの不動産売却をご検討中の方は、株式会社ミライズまでお気軽にお問合せください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-647-547

営業時間
9:30~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ